いのきちおやじのひとりごと「日曜日のむずむず 1」

 

 

いのきちおやじ

日曜日の午後はむずむずして井の頭池へ

 日曜日の午後になるとむずむずして井の頭池に行く。コースは決まっている。三鷹市下連雀のねぐらからたらたらとジブリ美術館を目指す。にせ受付のトトロに会って西園広場に入る。グランドをゆっくり走るランナーを横目で見ながら、玉川上水に架かるほたる橋を渡る。

 ほたる橋を渡るとほっとする。木々に囲まれ薄暗くなるからだ。この周辺の雰囲気はとてもいい。若い人で満席の『うさぎ館』を覗きながら車に気をつけて道路を渡る。池に通ずる下り坂をひょいひょいと降り、茶店『井泉亭』も覗いて、井之頭弁財天に到着。池を見る「うーんアオコが多いな」とつぶやきながらお線香台に向かい、ひとが手向けたお線香の煙を借用。気になる各所(頭、咽、肺、胃、腸、膝)に煙をふりかけ手を合わせる。

(つづく)